■SC501

<サウンドコントローラキットSC501の特長>

YAMAHA製DSP搭載
YAMAH製サウンドコントローラチップYSS915を搭載しており。、デジタル入力信号に様々な効果を加えることができます。
従来MIDIでなければ難しかった再生時間を保ったままの音声ピッチの変更が可能となります。これにより映像コンテンツとその音声を同期させたまま高い声や低い声に変えることや、カラオケとして自分の声に合ったキーで歌うことができます。
各種パラメータを設定可能
キーコントロール、エコー、Treble、Bassの4種類の可変パラメータをデフォルトで設定しており、様々なサウンド効果を楽しむことができます。また、YSS915の制御に電子工作で広く使われているMicroChip社のPICマイコンを使用していますので、パラメータの変更やファームウェアの機能拡張も可能です。
※PICマイコンの書き換えには市販のPICライターが必要です。
高品位アナログ出力
DAC部、DAI部はDC501と共通の回路構成となっており、サウンド効果を加えた後の信号を高品位なアナログ信号として出力します。
 

<SC501の主な仕様>

項目 仕様
入力
S/PDIF入力
TOS Linkコネクタ1系統
同軸入力
シングルエンド型75Ω1系統
I2S入力
弊社製品DMP8623ATXの拡張I2Sに準拠したMCLK, BCLK, LRCLK, DATA 1系統
出力
LR-ch出力
標準RCAコネクタ
入力セレクタ
XC9572XL
DAI
DIR9001(32pinソケットにより交換可能)
音源コントローラー
YSS915
ワンチップマイコン
PIC16F88
DAC
PCM1794A(40pinソケットにより交換可能)
可変コントロール
10kΩ/B VR 5系統
入力電源
+5 [V] 200 [mA]以上の容量
±12[V] 100[mA]以上の容量
基板サイズ
138[mm] x 185[mm]
※電源キットPW501と併用するとACから入力電源を取得できます。
※パソコン用ATX電源から入力できる電源キットも発売予定です。
 

<製品写真>

SC501
組立完成イメージ
SC501
可変ボリューム
SC501
パッケージ内容
※写真は準備段階のもので実際の製品とは色などが異なる場合があります。あらかじめご了承ください。
 

buy_botton.gif