BayCraftのHome >  BayCraftとは > コンセプト 2

■コンセプト 2

 BayCraftキットシリーズのコンセプトの補足として、DMP8623ATXの心臓部であるEM8623Lのチップベンダー、シグマデザインズについてご紹介しておきましょう。

 シグマデザインズ(Sigma Designs, Inc.、本社アメリカカリフォルニア州;以下シグマ)は、まだMPEGが現在のように実用化されていない十数年前にいち早くMPEGに注目し、当時の非力なパソコンでフルスクリーン、フルモーションでの動画再生を実現する拡張ボードを初めて商品化、現在に至るまでデジタル動画フォーマットのデコーダチップを手がけてきた会社です。

 しかし、パソコンのCPUパワーが飛躍的に高くなり、ソフトウェア処理でも何らストレスなく動画処理ができるようになると、シグマのデコーダチップの活躍の場所はスタンドアローンでの再生からネットワーク経由、主に業務用ストリーミング市場とワンチップでの低価格を競うDVDプレイヤーなどに移行していきます。

 ソフトウェアデコードを支持する人が多い中にあっても、シグマのチップは単純なデコードをするチップと異なり、早くからネットワークに対応してストリーミング再生のノウハウを蓄積し、次々に現れるフォーマットなど多様化する環境にも柔軟に対応することができました。

 また高機能ワンチップ化を進めていたことで、シグマはデジタルTVや次世代DVD、HD対応のIP-STB(セットトップボックス)など、最近の急速に高画質、高機能、ネットワーク化した製品に最適なソリューションを提供する会社になりました。

 今やメディアプロセッサのリーディングカンパニーとして、次世代動画フォーマット向けに862×シリーズや863×シリーズをタイムリーにリリースしています。
 シグマとしては今後、パフォーマンスアップを図った製品と、既にDRMが確立されているプラットフォームなどに向けたローコスト版へとラインナップ展開をしていくと予想されています。

 BayCraftキットシリーズは、一般的なネットワークメディアプレイヤーなどでは搭載されないPCIコネクタをはじめ、コード入力で基板操作ができるシリアルポート、I2Sデジタル音声出力など、シグマ製チップのスペックをフルに使ってユーザに遊んでもらえる1台を目指して企画した製品です。
 地上波デジタル放送とDVDレコーダにおけるコピーワンスの問題と同じように、制約の少ないパソコンの規格と制約の多いTV・ビデオの規格の中で、できる限り制約の少ないことを目指して設計しています。